フォトフェイシャルは肌への負担を軽減した治療法である

レディー

施術方法

顔に触れる女性

ヒアルロン酸注入法

目の下のたるみを治療するのにはヒアルロン酸注入があります。この施術法は目の下にヒアルロン酸を注入して頬や目元をふっくらとさせることができます。メスを使うことなくたるみ取りが可能になりますので、身体に負担がかかることはありません。ヒアルロン酸は保湿成分であり、肌の潤いを保持して乾燥を防止することができます。このヒアルロン酸注入が肌を持ち上げて保湿効果が高くシワが少なくなって若々しくなります。施術料金は50000円から100000円程度かかりますが、安価であれば30000円程度で済みます。目の下のたるみ取りの施術の中で最も手軽で受けることができますし、メリットがあります。ヒアルロン酸は種類がいろいろとあります。

フェザーリフト法

目の下のたるみ取りとしてはフェザーリフト法があります。これは糸を肌に挿入して上方に引っ張り上げる方法ですが、トゲのある特殊な糸を使用することが多いです。時間が経過するとともに糸が溶けてしまうと、新しく線維ができるので、糸がなくなっても引き上げ効果が持続します。また、コラーゲンの生成も活発化されて肌にハリが生まれてたるみ取りになります。この施術法もメスを使わない方法ですので、身体に負担をかけることなく、傷跡が残りません。フェザーリフトは人工的に引っ張り上げる施術ですので、ダウンタイムがある程度あります。そうはいっても赤みが出ることがある程度です。1週間程度しかかかりません。ただし、フェイスマッサージは控えることが重要です。